シングルボーイ下位時代

しょっぱいドルヲタが細々と喋ります

読書日記:君主論

どうも、周囲のソチオリンピック熱に完全に取り残されている太田です。

今日は備忘録的な意味も込めて、僕が最近読んだ本の話をさせてください。

今回はマキャベリ君主論についてです。

この本は、僕が一番尊敬していた大学の教授に「若いうちに何を読むべきですか?」と質問した結果教えて貰ったうちの一つで、

なにやら国家参謀として新たな就職先を探していたマキャベリが、自らの経験を生かして「良い国、良い君主とは如何にして成るか」をテーマに、これから遣える君主に対しての贈り物として書いたもので

現代でいうところの履歴書、自己アピールをまとめたエントリーシートに近い立ち位置の書物だったそうです。

マキャベリ自身は中世のイタリアに生まれた哲学家であり、

本著の内容も彼の生きた年代の出来事を例題に挙げながら書かれてはいるものの、

その思想や分析は客観的「人間評」として現代にも通ずる社会的価値があるとされ、読み物としてだけではなく、教材としても今日でも各分野の人々に多大な影響を与えているようです。

しかし、この君主論についてすこし調べてみると、どうやら日本ではあまり公に教材としての地位を確立できていないようです。

というのも、この君主論の内容は実に現実主義であり、

中には少しシビアな指摘も含まれています。

こと民衆への対応に関連するところでは、

「尊敬、もしくは畏怖の念を抱かせるべきである」といった内容があり、

これは、生半可な善意や支配を与えた場合、どちらにせよ高確率で民衆に裏切られるからとされています。

人が恩義で他者に尽くすことができるのはあくまで身の安全が保障されているうちだけであり、

いざ国家が存亡の危機に瀕した際には振り返らず逃げ去るものと心得よ、との補足もありました。

このように、マキャベリの考えは実に悲観的で現実的です。

君主の才は獣の獰猛さと狐の狡猾さという二面性を合わせ持ち、臨機応変に使い分けることに集約されるとも説いており、

客観的に見て、彼の思想には一切の夢や理想論成分がないように感じました。

だからこそ、明るくポジティブでどこか人間礼賛的な前向きな内容を教材として好む日本の一般的な考えとは相反するようです。

よって今日の経営学、組織学の教材としては孔子論語のような一貫した明るい内容のものが好まれる傾向にあるようですね。

しかし、読んでみた感想として僕個人としてはこの君主論は実に興味深かったです。

基本的に「自らが考える法則性の示唆→具体例の論証」といった説明が延々続き、

当然ながらその具体例はほぼ全て当時の欧州で起こった出来事なので

世界史に暗い僕には終始「お…おぅ…」状態でしたが(笑)自分の知っている範囲で日本史の似た事例に置き換えてみるなどすればなんとなく言っていることを理解することはできました。

しかし、これから読む人にはぜひ、当時の欧州の歴史をザっと復習しておくことをオススメします笑

残念ながら高校時代の世界史の時間を「昼寝タイム」と呼んでいた僕にはチンプンカンプンな具体例ばかりでしたので(;・∀・)

でも「運命を味方につけるには」や「他人の甲冑は着るべきでない」など、今の自分に置き換えて考えることで教訓を得られる項目は多くありました。

改めて考えると、今から約500年前にこれだけ秀逸な「リーダー論」に関する参考書があったとか凄いですよね。

教えてくれた教授に感謝です(*'ω'*)

ってな感じで今回は終わりです。

たまに真面目な本読むと頭の体操になっていいですね!

それでは( *´艸`)