読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『動画の作り方』のご紹介

皆さん、新年明けましておめでとうございます。

今年も相変わらず目薬を使うのが下手なゲバラです。

さて早速なんですが、

以前このブログでも「使用映像の紹介」という形で言及した、

チャオベッラチンクエッティの当自作OPVについて書かせてください。

新年早々かなりの私事で申し訳ございません。

公開後なんだかんだ今まで触れずにいたこの動画について、

思い出したように今こうして話しているのには、ある理由があります。

というのも、以前YouTubeの方でこんなコメントをいただきました。

「OPV見させて頂きました。

作りが丁寧で選曲も良く、素晴らしかったです。

実は私は、この『風の日』OPVの影響を受けてチャオベラ動画を作るようになりました。

このOPVを見てから改めてチャオベラのイベントに行って4人を見た時に、

心から『チャオベラは売れるべきグループだ』と強く思ったんです。

なので、とうとうチャオベラのOPVを作る人が現れたこのタイミングで便乗して、

色んな人に見てもらえるように動画を増やそうと思ったんです。

『風の日』が大作だったので難しいとは思いますが、

いつか作られる次作に期待しています。」(中略)

正直、泣きそうになりました。

元はと言えば、

正当な評価を受けられればきっと今よりいくつも上のステージに行けるはずのチャオベラが、

依然として苦戦を強いられている姿を見るのが悔しくて、

どうにか「魅力を分かりやすく伝えられる手段を作ろう!」

と思い至ったのがこの動画を作ろうと思った直接の動機です。

なので、

「これをキッカケにチャオベラ現場に足を運んでくれる人が増えればいいな」

とだけ考えながら作ったので、

まさかこんな形で僕の思いに感応してくれる人が現れて、

しかもそれが具体的な行動になって連鎖していくなんて、全く想像もしていなかったです。

それに加えて、

ありがたいことに動画の方は、視聴・拡散頂いた皆様のおかげで先日めでたく再生回数1000回を超えました。

本当にありがとうございます。

しかし、

せっかくできたこの流れをここで止めてしまったら、

結局ただ僕の自己満足で終わってしまいます。

なので今回は「自慢臭い」と笑われるかもしれませんが、

「自分も動画を作りたい!」と思ってくださる方に向けた、

僕なりの制作手順の説明を書いていこうと思います。

かなり閉じた内容にはなりますが、わずかでも需要があれば幸いです。

しかし、当然その気のない人からしたら全く興味の持てない内容になるので、

はっきり言って読む価値はないと思います。ご自由にスルーしてください。

それでは、前置きが長くなりましたが以下より始めます。

1)制作手順・操作編

<必要なもの>

・PC

・使用映像素材(DVDその他)

・用途別フリーソフト各種(※後で詳しく記載)

自分が用意したものはこれだけです。

演出効果によっては有料ソフト等を使う必要もあるので、

その際は適宜調べてみてください。

ここでは実際に自分の行ったシンプルなやり方のみ解説します。

まずPC。

DVD等から映像を読み込む為、ディスクドライバ付きのものならひとまず大丈夫です。

(※小さいノートPCなど一部ディスクドライバのない物でも、

USB経由の外付けディスクドライバ等の併用で何とかなります)

ただ動画作りは制作が進めば進むほど、

ファイル維持等の関係で動作が重くなりがちなので、

ソフトが突然止まる危険性も考えて、こまめな上書き保存をお勧めします。

次に使用ソフトについて。

主に僕が使ったのは

・DVD shrink

→DVDから映像を抽出しデータ化してPCに保存する

DL用リンク

・Any Video Converter

→動画形式を場面に応じて書き換える。

DL用リンク

・trakaxPC

→動画・音楽編集ソフト(英語のみで構成されたソフト。日本語変換パッチもあるが当てるのが面倒。使用する機能は限られているので慣れれば英語のままでも使える)

DLリンク

・JTrim

→画像加工用ソフト(ロゴや写真などの加工、サイズ調整で使用)

DLリンク

・SnapCrab for Windows

→キャプチャソフト(※Windows専用)適宜使用。

DLリンク

以上です。

YouTube等からの動画DLはフリーソフトを使わなくても変換サイトで出来ると思うので、

適宜必要に応じて調べてみてください。

では具体的な手順説明に入ります。

まず、使用する映像素材をPC上に集めます。

上記の通りYouTube等からの引用は各変換サイトで行います。

ここではDVDからの抽出を説明します。

まず前述した「DVDshrink」を起動させます。

すると画面はこんな感じ↓

DVDを入れてから「ディスクを開く」ボタンを押して読み込ませ、

それが終わったら「バックアップ」で、抽出した映像ファイルを指定フォルダに保存します。

(※バックアップ時、「ビデオファイルと音声ファイルを別々に作りますか?」と聞かれますが個別に用意する必要はないので、チェックボックスは空のままでOKです。)

次に、無事保存できたファイルを今度は編集ソフトで読み込めるように、

vob形式からmp4形式に変換します。

ここではAny video converterを使用します。

画面はこんな感じ↓

このソフトの使用はいたってシンプルです。

で示した部分に変換したいファイルをドラック&ドロップして、

で示した形式指定タブを「一般動画形式」の「mp4」に設定し、

最後にで示した「変換」ボタンを押せば勝手に始まります。

ただくれぐれも、保存先のフォルダ指定をお忘れなく。

さて、大雑把ですがこれで一通りの動画素材は揃いました。

次はいよいよ編集作業です。

上記、trakaxPCを起動します。

画面はこんな感じ↓

ここに動画ファイルをドラッグ&ドロップすると、自動的に映像部分と音声部分に分かれて表示されます(こんな感じ↓)

右下が映像確認用の画面、

左下では切り出したパーツごとの細かい調整(速度調整、上下左右反転、色調補正など)を行うことができます。

このへんは使っていくうちに慣れていくと思うので、細かいことを気にせず色んなボタンを触りながら覚えていってください。

編集作業としては↓

映像(または音声)の区切りたいところにバーを合わせ、

右クリックでメニューを出す

「Split Segment」を選択

指定した場所に「切れ目」が入る

「切れ目」を境にして左右どちらかの部分をドラッグして動かすと「隙間」ができる

(※隙間は再生すると真っ黒の画面として反映される)

同様の手順でもう一つ「切れ目」を作る

「切れ目」に挟まれた部分にカーソルを乗せ、再度、右クリックでメニューを出す

「Delete」→「Delete Segment」と選択

指定した部分のみが消える

こうしてできた空白は、左右の映像部分をズラして接合する形で埋めたり、

別の映像から切り出した素材を挟み込んで埋めるなどして潰していきます。

基本的にはこの作業を繰り替えして、

映像ファイルを任意の箇所で区切り、小分けにしていきながら、

「必要な部分」と「不必要な部分」に分けて、ひたすら取捨選択していきます。

ちなみに、「風の日」OPVの制作途中はこんな感じでした↓

左右の映像パーツをわざと被せるように配置すると、

このように白いバツ印となり、クロスフェードで切り替えることができます。

ただ、繰り返しになりますがこのように言葉で説明を読むよりも実際に触ってみるほうが圧倒的に理解も早いと思いますので、

理解してるかどうかはさておき「とりあえず試してみよう」の精神で頑張ってみてください。

その他、細かい操作についてはtrakaxPCの説明ページから調べてみてください。

最後に、動画の編集が終わったら、

解像度(映像のきめ細かさ)を「YouTube HD(1280×720)」に指定して、

「Export」ボタンで指定フォルダにMP4ファイルとして出力します。

編集作業としての大まかな説明は以上です。

あとはYouTube等にアップするだけです。

ただ、使用楽曲によってはフル尺か短縮版かを問わず無条件で権利関係に抵触し、

上げた直後に強制ミュートになってしまうのでお気を付けください。

事前に、「使おうと思っている楽曲が何らかの形で上がっているか?」

もしくは、

「動画の編集に入る前に一度音楽のみで上げてみて、

ミュート等の制限がかからないか試す」などご確認ください。

また、サムネイル用の画像をJTrimなどで別途制作して設定することも可能なので、

余裕がでてきたら動画の内容だけでなく、パッケージとなるサムネイルにもこだわってみてください。

2)制作手順・構成編

具体的な操作に関する大雑把な説明は終えたので、

ここでは肝心な動画の中身について、

僕なりの構成の作り方をご紹介します。

本来この部分に関しては、人それぞれ好きなやり方でやるのが望ましいと思うので、

もし興味があれば、あくまで参考程度に見てください。

それでは始めます。

まず僕が動画を構成するに当たり書いたメモ書きをご紹介します。

見辛い上にかなり字が汚くて申し訳ありません。

ここでは、

①使用する曲の構成(メロとサビの回数、転調の有無、各パートの秒数)

②各パートごとのコンセプト(イントロ→「導入」、Aメロ→「メンバーの紹介」…等)

③各パートごとの使用映像案(イントロ→「ロゴ、画像のみ」、Aメロ→「初期MVその他」…等)

④その他気付いたことを書き留める用のメモ欄

…などをまとめています。

個別に見ていきます。

①使用する曲の構成

左側に各構成部を進行順に

in→イントロ

A→Aメロ

C→サビ

A2→2番Aメロ

C2→2番サビ

間奏

B→転調

C3(×2)→ラストサビ(※最後はサビ2回分の長さなので「×2」と表記)

out→アウトロ

と記しています。

あとは各部ごとの長さ(秒)、

そこまでの合計の長さ(秒・分)、

必要に応じた注釈(※「4:01~4:12はギターの音のみのフェードアウト部分」等)

のように書いています。

あくまで曲の全体図を図る為のものなので、だいたいの把握で大丈夫です。

②各パートコンセプト

僕は個人的にここが一番大事だと思っています。

なぜなら、

各部分にどんな意味合いを持たせるかを曖昧にしたまま行き当たりばったりで作り始めてしまうと、

全体的に見て何を伝えたかったのかが分かりづらい映像になってしまうからです。

なので、ここでしっかりと起承転結や序破急などベタなセオリーに沿って、

ストーリーの流れを組み立てておく事が大切だと感じます。

見辛いですが画像では、

in→導入、タイトル

A→各メンバー紹介

C→初期ライブ

A2→中~後期映像、舞台裏、

C2→中~後期ライブ

間奏→笑い中心

B(転調)→2015年の出来事(改名、卒業)

C3(&C4)→最近(4人)のライブ、舞台裏

out→画像スライドショー、文字、字幕

といった書き方をしています。

(※一部意訳で書き加えました)

これはあくまで編集を始める前に書いたコンセプト案なので、

このまま採用された部分もあれば、

変更になった部分もあります。

③各パートの使用映像案

またもかなり見辛くて申し訳ありませんが、

in,A,Cに当たる部分には「ヤング、カケラ、GOHAN、ナゾナゾ、トロピカル、金魚すくい、うわさ、HAPPY15、ラヴメ」と、使用するMVを書きだしています。

またC2では「なんじゃ、全バン、乙be、勇気スパボ」と書いています。

同様に間奏では「シャーク、こぶし、懺悔、エクソシスト歩き」など、showroom映像のうちの使いたい箇所をメモ書きでまとめています。

またも同様にBでは「改名、あっきゃん卒業」と簡潔に記載。

C3・4では「中野、表参道、Never、二子玉川、@JAM、モロチャンネル、ツアー初日映像(GR)、ショールーム」と書いています。

各パート表記の上に書いた「8×8.5」や「8×9」は、

4拍子のカウント2回分=「8カウント」を単位として、

「8×9」なら、8カウントが9回分の長さ、

「8×8.5」なら、8カウントが8回と残り4カウント分の長さ、と表しています。

見る側の不快感をなくす工夫として、

偶数カウント(0,2,4,6,8)でスムーズにシーン変更するためにこのような書き方をしています。

秒数で測った長さだけでなく、このようなカウント数で把握しておくことで、

更に計画的に構成を練ることが可能になります。

④その他メモ

ここには編集中に思いついたことなどを直感的に書き留めます。

実際には、

「間奏→詞がない分、動きのある画を」や「Bメロ(改名・卒業)のシリアスが引き立つように間奏部の映像をとにかく明るく元気に」などと書いています。

これは、かなりボヤっとした補助線のようなものなので、

僕のように忘れっぽい人でもない限り必要ないかもしれません。

3)まとめ

ここまで読んでくださった方、もし一人でもいらっしゃったら本当にありがとうございました。

自分なんかの独りよがりな講釈に貴重なお時間を割いて長々と付き合ってくれたこと、改めて感謝致します。

加えて、最後の最後にこう言っては身も蓋もないですが、

僕なんかの見つけたやり方よりももっと効率的で正確なやり方なんて、

探せばいくらでもあると思うので、

最初のとっかかりさえ掴んだら、あとはほとんど自分流でいいと思います。

チャオベラに限らず、貴方が大好きなグループや人、モノについて、

「この魅力を広めたい!」という気持ちを、この記事が少しでも後押しできたら嬉しいです。

それでは、長文失礼しました。

また次回。